美味と健康   お問い合わせ購入ガイド
わじまの水塩
ホーム 美味と健康をめざして わじまの海塩 わじまの水塩 ショッピング トピックス

トップページ > わじまの水塩

わじまの水塩
「わじまの水塩」の特徴

清浄で滋味あふれる‘能登・輪島’の海水100%の液体塩

石川県輪島市から約20km沖の七ツ島海域。その清涼で、調味に最適なミネラルバランスの海水を低温でじっくり蒸発させて濃縮し、結晶化する直前の塩濃度25%で加熱を止めたものが「わじまの水塩」です。その滋味あふれる味わいは、まさに「天然だし」のように素材のうま味を引き出します。

液体だから、むらなく味付け

液体のため、少量でむらなく素早く素材に浸透し、均一に塩味をつけることができます。また、塩を感じさせずに素材本来のうま味を引き出すことができます。

料理の味付けに、下ごしらえに

野菜や穀類の糖質(炭水化物)を活性化させるナトリウムと、肉や魚のたんぱく質を活性化させるマグネシウムのバランスが絶妙。二つのうま味を引き出すので、どんなお料理にもぴったりです。

「農林水産省 総合食料局長賞」受賞

「わじまの水塩」は、平成19年度 優良ふるさと食品中央コンクール 「新技術開発部門 農林水産省 総合食料局長賞」を受賞しました。

「わじまの水塩」の製法

「わじまの水塩」は、七ツ島から取水した海水を、室内で直火をあてずに低温でじっくり蒸発させ、途中で苦味・渋味・エグ味の元になる成分を取り除き、濃縮させて作ります。
一般に、塩分濃度が28度まで濃縮すると結晶化した塩になります(普通の海水は塩分濃度3度)。海水を塩分濃度25度まで濃縮する技術は、日本では「わじまの水塩」の生産者だけが持つ技術です。
京都の懐石料理人が塩を水で溶かし、殻や卵白でアクをとって作ったという水塩とはまったく違う製法です。

「わじまの水塩」の原材料・成分

栄養成分表示(100ml中)


ナトリウム

 

10944mg

 

塩分

 

約25%

カリウム

 

160mg

       

マグネシウム

 

450mg

 

 

 

 

カルシウム

 

67mg

       
この商品を購入する   「わじまの海塩」へ
Copyright © 2009 Bimi & Kenko Company Limited All Rights Reserved.
プライバシーポリシー 会社概要
 
ショッピングへショッピング もっと見る